A Study in BLUE

技術とサービスを通じて世の中を眺める研究ノート

Pynq を注文した

こんにちは。szkharry@ です。

別の場所で細々と運営していたブログをはてブロに移設しました。

計算機技術特にハード系の話と、最近興味を持っているサービス学の話など書けていけたらと思いますので宜しくお願いします。

 

5年前、いまの仕事 (ネットサービス系)の仕事にうつる前は学生時代から含めて 15 年ほど電子回路系の世界で働いていました。

いろいろ技術も進歩しているし、また、そっち系の技術が勉強したくなったので、こんなつぶやきをしてみたところ、Vengineer さんから早速こんなリプをいただいたので、Xilinx の Zynq を搭載した開発ボード PYNQ-Z1 を注文しました。

直接、digilent のオンラインストアでぽちり。送料が 50 ドル近くかかりましたが、まぁ、仕方ない。Fedex で届くそうなのでいまから楽しみです。

 

元々の研究テーマが回路設計 CAD だったので開発環境にも興味があります。ブラウザベースでどこまでできるのかと思いつつ、やっぱり、Xilinx の標準設計環境も試してみたい。けど、うちにはいま開発に使えそうなマシンがないのでそっちもポチるか悩み中です。

www.pynq.io